2019年刊行の本はこちら 2018年刊行の本はこちら 2017年刊行の本はこちら 2016年刊行の本はこちら 2015年刊行の本はこちら 2012~2014年刊行の本はこちら 2007~2011年刊行の本はこちら

2015年

捨てる

『アンソロジー 捨てる』文藝春秋刊  1,600円+税


各ジャンルで活躍するエンターティンメント女性作家9名からの提案で、思わず「読んでみたい!」と叫んでしまうようなアンソロジーが誕生しました。メンバー全員がSNS上で意見を交換しながら選んだテーマは「捨てる」。ミステリーあり、ホラーあり、恋愛小説あり、家族小説ありと、一冊でいろんな味わいを楽しめる、なんとも豪華な書き下ろし短編集です。初めての作家の作品に気軽に出会えるのも、アンソロジーの歓び。作家発、自発的アンソロジー本執筆の会「アミの会(仮)」の今後も楽しみにしてください。




群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2

『群青のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート2』光文社刊 1400円+税


鳴瀬佳音は航空自衛隊の音楽隊で日夜アルトサックスの練習に励む自衛官。陸海空自衛隊合同コンサートに出演するため浜松へやって来た佳音たちは、リハーサルへ向かう。ところが、バスが駐車場から消えてしまい!?そのバスには佳音たちの大事な物が隠されていた…。そして、佳音と腐れ縁の渡会三曹との恋についに進展が!?なぜかいつもトラブルを呼んでしまう佳音が仲間たちと小さな謎を解き明かす、読むと元気が湧いてくる爽やか青春ミステリ。






碧空(あおぞら)のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート

【文庫化】『碧空のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート』光文社刊  600円+税


音大卒業後、航空自衛隊の音楽隊に入隊した鳴瀬佳音は、定期演奏会などの任務に向けて練習に励んでいる。自衛隊という未知の世界に戸惑いつつも鍛えられていく。ある日、「ふれあいコンサート」で使う楽譜を用意したところ、佳音が担当するアルトサックスのパートの楽譜が楽譜庫から紛失していた。いったい、どこに消えたのか?ちょっとドジな佳音が呼び込む不思議な“事件”を、仲間たちとともに解決する!テロや大停電などをテーマにしたクライシス・ノベルで注目を集める著者が、軽やかな音楽ミステリに挑む意欲作。




サイバー・コマンドー

【文庫化】『サイバー・コマンドー』祥伝社刊  690円+税


ネットワークを介したあらゆるテロに対処するため、防衛省に設置された“サイバー防衛隊”。天才ハッカーや米セキュリティ企業出身者も参加する、官民の精鋭を集めた組織だ。悪辣ロシア人ハッカーを内偵の最中、突如、日本全国の工場が原因不明の稼働率低下に見舞われた。真相解明を急ぐが通信網も障害多発で―民間人が引き鉄を引く現代の戦争を描くサスペンス!




天空の救命室

『天空の救命室』徳間書店刊  1700円+税


愛知県・小牧基地にある航空機動衛生隊。内村彰吾は若き医官としてチームを率い、大型輸送機C‐130Hに積み込まれた“空飛ぶICU”を使って、重篤な患者を遠隔地の高度医療機関へ送り込む。機内で起こる緊急事態。限られた時間。襲いかかるプレッシャー。輸送機の機長・鰐淵啓と連携して預かった命を守る。航空自衛隊のプロフェッショナルを描く熱いヒューマン・サスペンス。






ゾーン 豊洲署生活安全課 岩倉梓

【文庫化】『ゾーン 豊洲署生活安全課 岩倉梓』角川春樹事務所刊  740円+税


日本全体が少子化で人口減に悩まされる中、東京都江東区豊洲は、空前の人口増と再開発に沸き立っている。新たに設置された豊洲署生活安全課の女性刑事・岩倉梓のもとに持ち込まれる事件の数々。“児童ネグレクト”“貧困老人の孤独死”“震災詐欺”。生まれつつある街の中で、梓は自分に出来る仕事を、悩みながらも一歩一歩模索していく…。本格派・福田和代が描く、新世代警察小説。




ゼロデイ 警視庁公安第五課 特殊警備隊ブラックホーク

『ゼロデイ 警視庁公安第五課 特殊警備隊ブラックホーク』幻冬舎刊  1600円+税


大手企業の幹部たちに届いた一通の手紙。それは、破滅への招待状だった。真相を探る二人の刑事と、テロ集団との攻防を描いた長編ミステリー。
5人の大手企業幹部たちに、一通の脅迫状が届く。信頼も友情もなく、ある罪の鎖でのみ繋がっている彼らは、警察に届けを出すこともできない。そして、一人は行方不明になり、もう一人は拉致される。ベテラン刑事の寒川と、新米エリート刑事の丹野が捜査にあたるが……。5人の罪とは何なのか、そして脅迫しているのは誰なのかーー。刑事と犯罪グループとの駆け引きを描いた、爽快な長編ミステリー。




標的

【文庫化】『標的』幻冬舎文庫刊  800円+税


資格を剝奪され路頭に迷っていた元プロボクサーの最上は、ある企業に拾われる。そこは、警察には頼れない、訳ありの政治家、実業家などを顧客に抱えるVIP専門の警備会社だった。なぜ、彼らは命を狙われているのか、警察に打ち明けられない秘密とは何なのか。最上はひとり、警護対象の身辺を調べ始めるが……。爽快感溢れる長編ミステリー。