2019年刊行の本はこちら 2018年刊行の本はこちら 2017年刊行の本はこちら 2016年刊行の本はこちら 2015年刊行の本はこちら 2012~2014年刊行の本はこちら 2007~2011年刊行の本はこちら

2016年

広域警察 極秘捜査班 BUG

『広域警察 極秘捜査班 BUG』新潮社刊  1800円+税


560人が死亡した航空機事故の犯人として収監されたハッカーの能力は、国家権力をも凌駕した。命と引き換えに、国家間の犯罪を捜査する「広域警察」の極秘捜査班に加わることに。老数学者の身辺をハッキングするうち、自らの冤罪事件のからくりが見えてきて…。闇をはらむ権力との闘いが、いま始まる!ジェットコースター・サスペンス長編。




東京ダンジョン

【文庫化】『東京ダンジョン』PHP文芸文庫刊 840円+税


東京の地下がテロリストに支配された!?―地下鉄の新線開業を間近に控えたある日、保線作業員の的場哲也は、勤務中にトンネルの中で怪しげな人影を見つける。またネット上でも、「地底人」が出現するという噂が飛び交っていた。そんな中、弟の洋次が過激な経済学者が主宰する勉強会に通っていると母から相談を受け、実情を探るのだが…。クライシス小説の旗手が描く、緊迫のノンストップサスペンス。






火災調査官

『火災調査官』東京創元社刊  1800円+税


目黒区の空き家で放火が発生。現場には犯人の遺留物と思しき、ダ・ヴィンチの作品を模写した天使の絵が残されていた。そしてそれを皮切りに、都内で同じ手口の放火事件が頻発。なぜ同じ絵が現場に必ず残されるのか?被害者たちの共通点とは?有能だが本心では炎の美しさに執着している火災調査官・東と、正義感あふれるポンプ車小隊長・白木が事件の謎を追う、渾身のミステリ。






生還せよ

『生還せよ』角川書店刊  1800円+税


航空自衛隊三等空佐・安濃将文と同期の泊里は、内閣府に設立された小規模な諜報部門に配属され、シンガポールに飛んだ。邦人ビジネスマンからアジア某国の軍事関係者へ、軍事転用可能な技術が渡ったと情報提供を受け、二人は潜入捜査に入る。更なる邦人ビジネスマンの保護要請を受け任務に向かう中、泊里が何者かに撃たれ行方不明になってしまう。そこに現れた経産省安全保障貿易検査官、取引相手、警察庁。産業技術流出事件は邦人拉致事件へと発展、安濃は泊里が拉致された邦人とともに、パキスタンに連れ去られたという確信を得て、国境を渡る決心をする―。






潜航せよ

【文庫化】『潜航せよ』KADOKAWA刊  800円+税


中国の戦略型原子力潜水艦が、日本海で原因不明の爆発事故を起こした。同じ頃、春日基地で防空管制を勤める遠野真樹一等空尉は、海栗島に赴任したばかりの安濃小隊長を呼び出し、驚愕した。この男は、安濃ではない!






バー・スクウェアの矜持

『バー・スクウェアの矜持』創元推理文庫刊  740円+税


バー『スクウェア』に通う大阪府警薬物対策課の刑事・三田。彼は今まで追ってきた事件の陰に、謎のバーテンダー「名無しのリュウ」と、その相棒の元ボクサー・宇多島の策謀があることを知り、葛藤を抱いていた。三田は彼らが目論む計画に、どう向き合うのか。そして武闘派暴力団が絡む大規模な薬物事件の捜査の行方は?傷と影を抱える男たちの活躍を描く、連作ミステリ第2弾。




緑衣のメトセラ

『緑衣のメトセラ』集英社刊  1700円+税


都内にある高級老人ホーム「メゾンメトセラ」。ガンの発生率が高いという噂を幼馴染みの千足から聞き、フリーライターの小暮アキは興味を抱く。併設される不破病院では、ガンの最新研究が進められていた。そんな中、不破病院でアルバイトを始めた千足が、不慮の死を遂げた。特殊なウイルスに院内感染したためだというが―。旧約聖書に登場するアダムの子孫「メトセラ」は、969歳まで生きた。その名を冠する「メゾンメトセラ」には、人類の未来を左右する重大な秘密が隠されていた。人間は、今もなお、進化の過程にいる。それは、理想郷への道程か。悪夢への誘いか。怒涛のサイエンス・ミステリー!






バー・スクウェアの邂逅

【文庫化】『バー・スクウェアの邂逅』創元推理文庫刊  740円+税


大阪府警薬物対策課の刑事・三田はあるきっかけで、バー『スクウェア』の謎めいたバーテンダー「名無しのリュウ」と、店の常連で元ボクサーの宇多島に出会う。三田は度々店を訪れるようになるが、彼が追う薬物絡みの事件の陰にリュウたちが見え隠れし始め…。『スクウェア』を舞台に繰り広げられる、友情と駆け引き。一癖ある男たちの活躍を鮮やかに描く、連作ミステリ第1弾。