2019年刊行の本はこちら 2018年刊行の本はこちら 2017年刊行の本はこちら 2016年刊行の本はこちら 2015年刊行の本はこちら 2012~2014年刊行の本はこちら 2007~2011年刊行の本はこちら

2016年

脳罰的

『脳罰的』無人島文庫刊  250円+税


NOX(ノーバツ)ワールド誕生! 新しい世界は新しい刑罰を求めていた。 「禁錮ゼロメートル」「罰屑3トン」「懲音150デシベル」など、超短編の連作による「ひとくちサイズの」奇想をお届けいたします。




ゼロデイ 警視庁公安第五課

【文庫化】『ゼロデイ 警視庁公安第五課』幻冬舎文庫刊 730円+税


警視庁の犯罪情報管理システムが、何者かに破壊される。さらに、同一犯らしき人物から大手企業幹部たちに脅迫状が届く。姿見せぬ犯人に捜査が混乱する中、公安部の寒川警部補は新米エリート刑事の丹野と組むことに。自らの足と勘に頼る寒川の捜査方法に、反発する丹野だったが……。世代もキャリアも異なる二人が、巨悪に挑む緊迫のミステリー。




星星の火 2

『星星の火 2』双葉社刊  1600円+税


警視庁保安課の上月は、中国人売春組織の摘発から“赤い虎”を知る。中国語の通訳捜査官・城は、池袋で起きた殺人事件から“赤い虎”に迫る。そして、ある男は、“赤い虎”に接触する…。警察小説の進化系!




星星の火

【文庫化】『星星の火』双葉文庫刊  676円+税


警視庁保安課の上月は、中国語の通訳捜査官・城とともに違法賭博の摘発に向かう。上月は、拳銃所持などにより逮捕した李の供述から、梁という男を追う。一方の城は、同じく李から「竜生九子」なる中国人組織の存在を聞かされ、独自のネットワークを駆使して組織を探る。捜査は有機的に広がるが、それと歩調を合わせるように事件の闇も深くなっていく。―日本に生きる中国人の諸相を鋭く活写。事件はもちろん、上月と城の私生活も巧みに織り込んだ、これまでにない警察小説。






迷−まよう− アンソロジー

『迷−まよう− アンソロジー』新潮社刊  1600円+税


最強作家集団、その名も〈アミの会(仮)〉、四たび集結! はじめてのひとり暮らし、旅先、迷路、父と母どちらを選ぶか、そして、俺の人生を狂わせた、憎いあいつを殺してしまうか……。「迷う」をテーマに、〈アミの会(仮)〉のメンバー6人の女性作家が短編を競作。大沢在昌、乙一という豪華ゲストも参加した夢の作品集の誕生。




空に咲く恋

『空に咲く恋』文藝春秋刊  1650円+税


女性に触れると呼吸困難に陥る重度の女性アレルギー(おばあちゃん世代なら大丈夫)の三輪由紀。実家の花火屋を継げというプレッシャーから逃れるため放浪の旅に出た。ある日、由紀は交通事故に遭遇。そこで出会ったのは、清倉花火店の跡取り娘清倉ぼたん。なぜかぼたんに対してだけは女性アレルギーが出ず、親近感を抱く。二人の距離は徐々に縮まるが、何と彼女に対してもアレルギーが発症してしまう。おまけにぼたんにアプローチするライバルも出現。さらにせっかく帰った実家では、家出に激怒していた父親に邪魔者扱いされる始末…。由紀は花火師として独り立ちできるのか?恋のゆくえは?






薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3

『薫風のカノン 航空自衛隊航空中央音楽隊ノート3』光文社刊  1400円+税


航空自衛隊の音楽隊でアルトサックスを担当する鳴瀬佳音は、ちょっぴりドジで天然だけど、腕前は一流の女性隊員。立川分屯基地内で年に一度行われる競技会にやってきた佳音たちは何とか無事に演奏を終えるも、後輩の真弓は審査員が偽者ではないかと疑問を抱く…。はたしてその正体とは?なぜかいつも不思議な事件に巻き込まれてしまう佳音と仲間たちが謎を解き明かす!音楽隊が奏でる至福の日常ミステリシリーズ、待望の最新作!




プロメテウス・トラップ

【文庫化】『プロメテウス・トラップ』ハヤカワ文庫刊  780円+税


FBIのコンピュータが選んだ、対国際サイバーテロ組織として、最もふさわしい人間――
日本人ハッカー“プロメテ"と米国人のオタク青年“パンドラ"
天才×天才コンビが挑む息詰まる電脳戦!




S&S探偵事務所 最終兵器は女王様

『S&S探偵事務所 最終兵器は女王様』祥伝社刊  1600円+税


“第一次世界サイバー戦争”を回避させた功労者のはずの二人―元防衛省サイバー防衛隊の出原しのぶと元警視庁サイバー捜査員のスモモこと東條桃花は、起訴こそ免れたものの、違法性を問われ、職場を去るしかなかった。その二人が転職したのはなんとIT探偵。超一流のハッカーとの自負があったものの、持ち込まれるのは浮気調査や迷い犬捜しなど非ITのものばかり。二人の愛称から「S&S IT探偵事務所」と名付けた事務所名も“エス・アンド・シット”と呼ばれる始末。それでもコツコツ、厄介な案件と格闘するうちに、闇に葬られかけていた二十年前のある重大事件が再び動き出し…。






book_28256083

『隠す アンソロジー』文藝春秋刊  1600円+税


あなたが隠したいものは、なんですか?机の中に、記憶の中に、人生のどこかに…「隠す」をテーマに描かれる、11の不穏で切実な人間ドラマ。